ジョイナスの森彫刻公園

画像

「ジョイナスの森彫刻公園」は横浜駅を見下ろす相鉄ジョイナスの屋上にある緑豊かな公園。
相鉄ジョイナスは1973(昭和48)年にオープン、1978(昭和53)年の増築の際に屋上庭園「ジョイナスの森」が竣功されました。
画像

1983(昭和58)年には芸術性豊かな彫刻を配し、野外彫刻公園「ジョイナスの森彫刻公園」が誕生。
1986(昭和61)年に横浜市長から「まちなみ景観賞」、1991(平成3)年には「建設省住宅局長賞」を受賞し、都市空間におけるビルの屋上庭園として反響を呼びました。
大震災後は節電が謳われ、以前にも増して緑のカーテンや屋上緑化が注目された今年の夏。33年前に相模鉄道により竣功された「ジョイナスの森」はその先駆けとなり、訪れた人々に今もなお憩いの場を提供しています。
広さ4600平方mの庭園内には約2万本の樹木と遊歩道があり、巨匠アントワーヌ・ブールデルをはじめとする国内外の彫刻家の作品6体が周りの木々に溶け込むように配されています。
○果実(Le Fruit)1911
アントワーヌ・ブールデル(Antoine Bourdelle)
フランス1861-1929
画像

画像

○踊り子(Passo di danza cheriposa)1983
ジャコモ・マンズ―(Giacomo Manzu)
イタリア1908-1991
画像

○茉莉花(Matsurika)1978
舟越保武(Yasutake Funakoshi)
1912-
画像

○ニケ’83(Nike’83)1983
朝倉響子(Kyouko Asakura)
画像

○道標・鳩(Guide-Post・Pigeon)
柳原義達(Yoshitatu Yanagihara)
1912-
画像

○構成(Composizione)1955
マリノ・マリーニ(Marino Marini)
イタリア1901-1980
画像

遊歩道を散策しながら芸術作品にも触れ合える都会のオアシス!疲れたら緑の中のベンチでひと休み。
画像

この時期の庭園は紅葉も色づきはじめ、ラベンダーやスプレーマムなどの花が風に揺れ、ここが横浜駅近くの屋上だということを忘れてしまうほどの心地よい空間です。
画像

画像

                                          

この記事へのコメント

日本彫刻センター サイト制作・運営 伊藤嘉紀
2014年03月14日 15:14
突然のご連絡にて失礼いたします。私は、日本彫刻センターというサイトを制作・運営している伊藤嘉紀と申します。
http://sculpture.thistime-imakoso.com/
私どもは彫刻の魅力を発信するサイトの制作を進めており、彫刻を愛する人のプラットフォームをつくりたいと考えております。

この度は、こちらのブログへのリンクとブログ掲載写真の利用についてご許可を頂戴いたいと思い、お願いのご連絡を申し上げました。
(当該ページ http://sculpture.thistime-imakoso.com/joinus/

恐れ入りますが、サイトの主旨等、詳しいことをお伝えさせて頂きたいと思っており、お手数をおかけして大変恐れ入りますが、下記アドレスまでご連絡を頂けませんでしょうか。折り返し、詳細のご相談をさせて頂きます。

なにとぞ、よろしくお願いします。

日本彫刻センター サイト制作・運営
伊藤嘉紀
sculpture@thistime-imakoso.com

この記事へのトラックバック