テーマ:北海道

釧路湿原のマンホール

釧路湿原の広大な風景をデザインしたマンホール。 撮影場所は釧路フィッシャーマンズワーフMOO(ムー)前。 釧路湿原は釧路川とその支流を抱く広大な湿原。 広さは日本最大といわれ、釧路市、釧路町、標茶町、鶴居村の4市町村にまたがります。 日本で最初のラムサール条約登録湿地で、タンチョウや多くの野生生物などの貴重な生息地と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釧路市タンチョウのマンホール

釧路市のシンボルともなっている、タンチョウの飛来する姿をデザインしたマンホール。 さわやか下水道の文字入りと文字なしがあります。 撮影場所は釧路フィッシャーマンズワーフMOO(ムー)周辺。 ※タンチョウは昭和10年8月27日に天然記念物、同27年3月29日に特別天然記念物に指定され、鶴居村の村鳥になっています。頭上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーサースキー大会のデザインが美しい「旭川市のマンホール」 

旭山動物園で見つけた旭川市のマンホール。 スキーヤーの下には「VASA」の文字。 これは毎年春分の日に行われる、国内最大級FIS公認国際スキー大会「バーサーロペット・ジャパン」の様子をデザインしたもの。左側の星マークは旭川の市章です。 (2013年3月2日撮影) ※バーサーロペット・ジャパンとは? クロスカント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白いのにブラック??「白いブラックサンダー」

「ブラックサンダー」といえば、北京五輪メダリスト内村航平選手の勝負食でも有名となった“おいしさイナズマ級!”のあのお菓子。 「白いブラックサンダー」はブラックサンダーの北海道VERSIONで、有楽製菓の札幌工場で製造されています。 北海道産のミルクと甜菜糖(ビートシュガー)を使ったホワイトチョコでコーティング。 ブラッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道生まれのサクサクのポテト「じゃがポックル」

北海道生まれのお菓子「じゃがポックル」。 厳選された北海道産じゃがいもを、旨み成分を残すため皮付きのままカット。 独自の製法で、他にはない食感に仕上げているそうです。 オホーツク地方サロマ湖産の焼き塩もこうばしいマイルドな風味。 サクサクした食感がくせになりそうなイチオシの北海道土産です。 発売以来、全国的な人気となりすっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

郷土銘菓「大鵬せんべい」

「大鵬せんべい」は横綱大鵬の出身地、弟子屈町で40年間焼き続けられている銘菓。 大鵬さんの化粧回しをかたどった、ずっしりと厚みのある昔ながらの素朴なおせんべいです。 北海道特産のバター、牛乳、鶏卵がふんだんに使われているため、ボリュームがあり風味が良いのが特徴。 第17回全国菓子大博覧会有功大賞牌受賞。北海道食品協会の優良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オホーツクの流氷を満喫し帰途へ!

「大迫力 2つの流氷砕氷船乗りくらべ3日間」の旅を満喫! 1日目 「旭山動物園」では雪の上で自然体で生活する動物たちに出会い、「層雲峡氷瀑まつり」ではマイナス16℃の極寒を体験。 2日目 2本のドリルで流氷を砕いて進む「紋別流氷砕氷船ガリンコ号」に乗船し感動体験! 3日目 硫黄を噴き上げる活火山「硫黄山(北海道川上郡弟子屈町)」、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道「女満別空港の沿革」と一番機の模型

“女満別に飛行場が設置されたのは、冷害克服のためオホーツク海の流氷や気象観測を飛行機で行おうとしたことがきっかけ”だそうです。 以下は、女満別空港2階に設置された「女満別空港の沿革」案内板からの引用です。 中央気象台は静岡県清水市三保出張所の根岸錦蔵気象観測隊員を派遣し、女満別村営の競馬場を滑走路に選び、村民総動員の協力により突…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女満別空港「PILICA」で夕食!

女満別空港2階にあるレストラン「PILICA」で夕食を! 2泊3日の北海道旅行もいよいよ終わり、羽田に帰る前に北海道最後の食事をしました。 空港内にはこちらも含め2軒しか飲食店がないため、ツアー客で混みあう時などは注文から料理ができるまで30分ほどかかるとのこと。 店は比較的広く席にはすぐに案内されました。 私は「炭火焼豚丼(豚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釧路のシンボル「幣舞橋 (ヌサマイバシ)」

釧路のシンボル「幣舞橋 (ヌサマイバシ)」は、 釧路川に架かる全長124mの橋。 度重なる川の氾濫で作り直されて現在の橋は5代目だそうです。 欄干に立つ4体のブロンズ像とウォーターフロントの情景が重なり美しい!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釧路フィッシャーマンズワーフMOO

「釧路フィッシャーマンズワーフMOO」は釧路川のほとり、幣舞橋のそばにあります。 館内は物販ゾーンが中心で、1階は市場ゾーンとイベント広場、2階は屋台村「港の屋台」が、3階はレストランゾーンがあり、5階にはフィットネス施設があります。 1階でお土産の「じゃがポックル」とパンを買いました。
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

釧路全日空ホテルでランチを!

釧路全日空ホテル5階、日本料理「雲海」でランチをいただききました。 注文の「三食膳」は天丼・ちらし寿司・茶そば・香の物付で1,500円(税込)。 旬の食材を使った昼膳に舌鼓。お刺身が新鮮で美味しい! 天ぷらもサクサクです。 案内された窓際の席はウォーターフロントの素晴らしい眺め。 落ち着いた店内、ゆったりした気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道の駅 摩周温泉

国道241号沿い摩周温泉にある道の駅。 広々とした新しい建物(2011年にリニューアル)の中には、農産物・加工品などのお店や情報コーナー・ギャラリー・ホールなどが充実しています。 ホールは横綱大鵬関の写真や手形を展示、情報センターでは観光パンフレットなどが手に入ります。 軽食コーナーのお勧めはシカ肉バーガー。くりーむ童…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広大な釧路湿原

釧路管内のほぼ中央に広がる釧路湿原国立公園。 どこまでも続く広大な釧路湿原で写真を撮りました。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

網走 流氷砕氷船おーろら号

網走から流氷砕氷船おーろら号に乗船。 知床連山とオホーツク海に広がる流氷は圧巻です。 「流氷砕氷船おーろら号」をYouTubeで公開中です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釧路鶴居村 鶴見台のタンチョウ

特別天然記念物タンチョウは、頭上に裸出した赤色の部分があるのが特徴で、鶴居村の村鳥になっています。 タンチョウの2大給餌場1つとして知られる鶴見台には、毎年11月頃から3月頃まで約200羽前後のタンチョウがやってきます。 動画では、朝にタンチョウが飛来してくる様子や求愛ダンス・鳴き声(オスが一声鳴くとメスが二声鳴き返す)などを収…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硫黄山(北海道川上郡弟子屈町)

川湯温泉から約3キロに位置する硫黄山は、現在でも硫黄の噴煙があちこちから立ち上り、迫力ある活火山の姿を見せています。別名はアイヌ語でアトサヌプリ(裸の山)。明治初期には硫黄の産出も行われていた場所で、弟子屈町の発展に大きな功績を残した山でもあります。硫黄山を正面に望む駐車場の横には、硫黄山レストハウスがあり休憩もできるようになっています…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

川湯温泉周辺を散策!

夜に川湯温泉周辺を散策しました。 ○川湯相撲記念館 名横綱大鵬の感動の名勝負・名場面を映画や写真で再現。化粧回しや32回優勝を誇る優勝幕なども掲示されているそうです。 記念館の開館時間は、冬期間は午前9時~午後5時まで(夏期間は午前5時30分~9時まで)のため残念でしたが、記念館脇に第48代横綱大鵬幸喜像があり、夜でも見ることがで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北国の猫は雪が好き?!

北国の猫は雪が好きなのでしょうか?! ひがし北海道 川湯温泉の原生林、雪の中にたたずむ猫を発見! 近くにいた方にお聞きすると、この下には温泉の管が通っていて暖かいのだとか。 そういえば我が家の屋外電気温水器の上にも、よく近所の猫がちゃっかりと暖まっていましたね。 こんな日は猫も温泉でまったりと! “雪の中の露天温泉は極楽気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川湯温泉 名湯の森ホテル「きたふくろう」

川湯温泉にある名湯の森ホテル「きたふくろう」に宿泊。 北の名湯、硫黄の香りに包まれた川湯温泉は、日本でも珍しい「源泉かけ流し100%宣言」している温泉です。 木風呂『ふくろうの湯』と岩風呂『万年の湯』は「きたふくろう」自慢の露天風呂。 雪の降り積もった静寂な原生林を眺めながら入るお風呂は格別な気分。 大浴場も窓越しに原生林を眺め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道北見のハッカ資料館「ペパーミントハウス」

北見名産といえばハッカ。 かつて北見地方は、世界一のハッカの生産量を誇っていたそうです。 国道39号線沿い、北見市端野町にあるドライブイン「ペパーミントハウス」は、ハッカとハーブの専門店。 ハッカをベースにしたオリジナル商品が好評です。 店内には無料のハッカ資料館があり、薄荷全盛期を支えた田中式蒸留釜が展示されています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の遠軽駅へ

前日(2013年3月2日)の雪の影響で、予定していた北浜~知床斜里間のオホーツク流氷列車(釧網線)は運休。 運賃の払い戻しのため、JR北海道の遠軽(えんがる)駅に立ち寄ることに! 駅に着くと“祝甲子園出場おめでとう!頑張れ!遠軽高校野球部”と書かれた大きな幕が掲げられていました。 コスモスの描かれた階段を上がり、少しだけ小高い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紋別プリンスホテルのお弁当

紋別プリンスホテル「かに家」のお弁当2種。 私は「知床地鶏照り焼き弁当」。 パパは鮭・蟹・いくらがたっぷり入った「三食弁当」に! カニも魅かれるけれど…この知床地鶏も美味しそう。 ああ~悩めるおばさんのダイエットの道は険しい ○知床地鶏照り焼き弁当 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

紋別の流氷とガリンコ号

紋別市ではアラスカの油田開発用に試験的に作られた砕氷船を「ガリンコ号」と名付け、流氷観光船として走らせています。真っ赤な船体の前方には2本のアルキメディアンスクリュー。このドリルでガリガリ砕かれた流氷が船体から起き上がってくる様子は迫力満点です。 ※現在の「ガリンコ号」は2代目です。 (2013年3月3日3便10時30分出航) ○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

氷と光のファンタジー!層雲峡温泉「氷瀑まつり」

夕食をすませ8時頃、層雲峡観光ホテルから徒歩5分の氷瀑まつり会場へ。 氷瀑まつりは石狩川の河川敷を利用し1万平方メートルの会場内に氷柱・氷のトンネル・アイスドーム・約15メートルの高さの展望台がつくられています。 “氷と光のファンタジー”夜にはライトアップされ幻想的な世界が目の前に現れます。 階段を下りると入口があります。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

層雲峡観光ホテルのお料理

層雲峡観光ホテルのお料理を紹介。 夕食はレストラン「ユーカラ」でバイキング。 レストラン入口の案内板によれば、おススメは鉄板焼きステーキ・揚げたて天ぷら・旭川ラーメン。 どれもアツアツ出来立てで、雪で冷えた身体が温まりうれしいメニューです。。 私のおススメは紋別さんのズワイ蟹・羽幌さんの南蛮海老・お刺身サーモン。 地元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

層雲峡観光ホテル

銀河・流星の滝から車で10分ほどで、層雲峡観光ホテルに到着。 部屋は本館『彩花』2階の和洋室。ベッドの置かれたツインの洋間と小上がりの和室が付いてゆったりとしたつくり。 和室に上がり窓の外の雪景色を見ながら、お茶と宿のお菓子「彩花」をいただきます。 バス・トイレ・洗面所は独立させた設計で快適そう。 広々と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雪山国立公園の「銀河・流星の滝」

「銀河・流星の滝」は大雪山国立公園内にある景観スポットで、日本の滝100選にも入っている名瀑。 流星の滝は力強く落ちる豪快な流れから別名“男滝”、銀河の滝は銀の糸を引いているような細く繊細な流れから“女滝”と呼ばれています。 冬場は凍結した滝の姿を見ることができるそうですが、あいにくの猛吹雪で視界がさえぎられ何も見えません。 氷点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more